パンくずリスト

  1. Home
  2. コンテンツ
  3. ユニバーサルツーリズムのサポート
  4. サービスメニュー

サービスメニュー

3_17.gif
  1. お客様から、ご旅行のご依頼をいただきます。
  2. お客様から、様々な要望、詳しい情報をお伺いし、打ち合わせをして、内容を確認していただいた後、申込みを受け、契約書面を交わさせていただきます。
  3. お客様との打ち合わせた内容に基づき関係機関・施設・事業所へ手配をいたします。
  4. 要望を踏まえた確定内容をお客様にお知らせいたします。
  5. お客様から、確定内容に基づく費用をお支払いいただきます。
  6. ご入金確認後に、お客様へ利用するチケット、クーポン等をお渡しいたします。
  7. 手配した内容に基づき、関係機関(交通・宿泊・移動・介助など)がお客様にサービスを、提供いたします。
3_18.gif



3_19.gif

 障がいを持つ方、高齢者が旅先で抱える大きな問題として宿泊先での様々な情報不足や必要なサポートを伝えることのわずらわしさが考えられます。チェックインをする時のカウンターの高さ、入浴する時の浴室の仕様、レストランで食事をするときの食材の形態(きざみ食、ペースト状)やアレルギーに関する依頼などUTC神戸は、利用される方の声を宿泊関係者に伝えていく役割を果たし、より豊かな滞在をつくりだします。
3_1.jpg
チェックインの様子
3_2.jpg
バスルーム
3_3.jpg
食事(通常)
3_4.jpg
食事(きざみ食)



3_20.gif
料金:1時間4,820円

 利用される方の要望に応じて、神戸到着から出発まで滞在期間中、障がいに応じた車による移動、また神戸観光のサポートを行います。さらに、神戸を熟知するドライバーがガイドブックには無い、とっておきの夜景観光スポットや下町の懐かしいお店へ案内し、旅をより楽しいものへと変えていきます。物と人、人と人をつなぐ移送サービスサポートは神戸の旅の楽しい思い出を何倍にもしてくれます。
3_5.jpg
乗り降りも安心です
3_6.jpg
移送タクシー 乗り降り
3_7.jpg
要望に応じてご案内いたします



3_21.gif

料金:1時間1,000円

 神戸の観光地は東西に長く、また六甲、有馬から海へと南北に広がっています。
初めて神戸を訪れた方、さらに何らかの障がいを持つ方が、ガイドブックを頼りに行き交う姿を目にします。
UTC神戸は、利用される方の要望に応じて観光案内のコンシェルジュを派遣しています。コンシェルジュは観光案内から、車いすの入りやすいお店、レストラン、ホテルなどへの案内、さらには車いす対応トイレの案内までサポートいたします。
3_8.jpg
移動、観光をサポート
3_9.jpg
神戸着時から出発時まで様々な要望に応じます



3_22.gif
料金:1時間3,500円、2時間以上は30分ごとに1,500円

 入浴介助を必要とされる方にとってはスロープと手すりの先に付くソフト(入浴介助者)が必要です。旅先で同行者(親・兄弟・友達)が日常の介護から離れ、ともに旅を楽しんでいただきたいと思います。
 日常的に食事介助を必要とされる方には、介助者が横に座りサポートをします。食事介助者が付くことで、障がいを持つ方と相対して食事をすることになります。同行者が日ごろの介護から離れ、ゆったりとした時間をつくりだし、神戸の旅をより豊かなものへとしていきます。

3_10.jpg
神戸の観光スポットへ
3_11.jpg
食事介助風景
3_12.jpg
介助者と北野異人館散策



3_23.gif
料金:車いす3,000円~

 「持ってきていた車いすの具合が悪くなった」「介護ベッドがないと心配」「吸引器の調子がおかしくなった」「旅先での紙おむつの手配はできますか?」など、滞在先で障がいを持つ方が抱える様々な問題。緊急時のサポートをつくりだし、安心して滞在していただけるサービスを提供します。高度管理医療機器レンタルの許可も受けているので、吸引、吸入器やパルスオキシメーターの対応も可能です。
3_13.jpg カートタイプ電動車いす
おしゃれなデザインに大容量バッテリー。ちょっとした段差も乗り越え、機能も乗り心地もバッチリ。重量90kg。
3_14.jpg 自操型車いす
肘掛、足置きが着脱式で介助しやすく、折りたためば車のトランクに入ります。重量13キログラム。
3_15.jpg 超音波式ネブライザー(吸入器)
噴霧量調節やタイマー機能により、利用される方に合わせた細やかな設定が可能です。吸引両用型もあります。
3_16.jpg フルリクライニング車いす
長時間でも安心。楽な姿勢がとれます。重量26kg。


3_24.gif

3_25.gif
 神戸空港から関西空港までわずか29分。ベイシャトルの乗船場所は神戸空港島内にあり、神戸空港ターミナル~桟橋間(2~3分)は専用のシャトルバスを運行しています。また、24時間まで無料の専門駐車場も完備。船内にはユニバーサルデザインを取り入れた座席、車いす置き場、車いす対応トイレなどを設置。だれでもゆっくりとくつろげる快適な空間となっています。
3_30.jpg
ベイシャトル
3_31.jpg
カウンター
3_32.jpg
車いすスペース
(船内には車いす用スペースも!)
3_33.jpg
スロープ
3_34.jpg
乗船時(車いすのまま乗船できる)
3_35.jpg
バス(車内には車いす1台分のスペースあり)



3_26.gif
 短時間の港めぐりから、ゆったりとしたランチ・ディナークルーズまで、利用される方の要望にそうようにソフト面からハード面まで様々な支援をつくりだしています。車いすでの乗船や下船、船内の移動に関しても様々なサポートを行います。クルージングでの食事に関しても、利用される方にあった食材の提供(きざみ食などの対応)。UTC神戸は、利用される方の声を各観光事業所に伝え、より豊かなクルージングをサポートします。
3_36.jpg
コンチェルト全景
3_37.jpg
乗務員がしっかりサポート
3_38.jpg
乗船風景
3_39.jpg
甲板より神戸の海を眺める
3_40.jpg
左:食事(通常) 右:きざみ食)



3_27.gif
 夢風船(新神戸ロープウェー)に乗りハーブ園へ。
 職員さんの適切なサポートで車いす対応のゴンドラに乗り込み、眼下に布引の滝を眺めながら山頂へ。車いすを利用される方にとって、神戸の街を一望できるスポットへ短時間での移動は、旅の楽しい思い出をまた一つプレゼントしてくれます。
3_41.jpg
ゴンドラ乗り場
3_42.jpg
車いす用ゴンドラ



3_28.gif
 神戸の三宮から六甲山へ向かって車で30分ほど走ると、六甲山頂に着きます。その中ほどに神戸の夜景を楽しめるスポットとして鉢巻展望台があります。以前は見晴らしのいい場所へ上がるのには50センチほどの段差がありましたが、今は立派なスロープが設置されました。車いすを利用される方にとってはとても優しい思いが伝わってきます。 3_43.jpg
鉢巻展望台 スロープ



3_29.gif
 「ユニバーサルデザイン」の考え方を取り入れてつくられた「多目的・多機能トイレ」は、お年寄りの方や車いすの方、オストメイトの方(人工肛門・人工膀胱保有者)、乳幼児連れの方や外国人の方も…。性別、年齢、国境を問わず、すべての人にとっての《使いやすさ》をとことん追求しました。神戸にはみなさんが安心して快適に過ごせる街にするために、「だれでもトイレ」のある「だれでもトイレタウン」を目指しています。

「こうべ・だれでもトイレ」一覧表(外部リンク・神戸市都市計画総局のサイトへ)
3_44.jpg


3_45.jpg
シンボルマーク
「Universal Design」のUの字をモチーフにした形で、傾けたUの文字の先に円(頭)を2つ付けて、「使う人を選ばない、だれでも使えるトイレ」ということを意味しています。
3_46.jpg
オストメイトマーク
がんなどが原因で直腸や膀胱に機能障害を負い、手術により人工的に腹部に「ストーマ」(人工肛門・人工膀胱)を造設した人のことで、全国に20万人以上いるとされています。
3_47.jpg
案内図(触知図)
点字表示で目の不自由な方も利用いただけます。


「こうべ・だれでもトイレ」はどこにあるの?
 平成15年より、都心エリアのモデル地区(三宮・北野・ハーバーランドなど)を中心に、公共の建物とともに、民間の建物にもご協力頂き、「こうべ・だれでもトイレ」の整備が進行中です。
3_48.jpg
オストメイト対応設備
3_49.jpg
車いす対応便器・洗面器
3_50.jpg
おむつ替え用ベビーシート
3_51.jpg
折りたたみ式多目的シート


3_52.gif 一般車いす対応トイレ
 車いす対応トイレは、広さやオストメイトの有無は場所によって異なりますが、便器の高さ、手すりの位置や鏡の位置などは、ほぼ統一されています。
 「観光ガイド」で店舗などに記されている上のマークは、一般の車いす対応トイレです。
3_53.jpg